忍者ブログ
レイキビジネスの功罪(1)
*************************************************

レイキの光によって、全世界が平和でありますように
  すべての存在(いのち)が光り輝きますように
                   
Reiki for Peace Now !

***************************************************

みなさん、こんにちは! 
島根県斐川町在住のレイキマスター・スクマールです。
当方のブログを訪れていただき、ありがとうございます。
 
ここ最近の「レイキ関連」の記事はメモ書き的に書いていますので、話が前後するかもしれませんが、どうかご容赦ください。

昭和の終わりごろに、アメリカから逆輸入の形でラディアンス・テクニックと名前を変えて、レイキが伝わりました。

この時はセカンド(伝統霊気療法の奥伝にほぼ相当)までの公開でした。

しかし、年号が平成と変わって数年後に、別のルートからのレイキが伝わりだし、この時から教授資格を与えるティーチャーズ・ディグリーまで公開されるようになりました。

そして、そこでティーチャーに認定された方たちが、またティーチャーを養成するということが繰り返され(それも短期間に!)、あっという間に日本中に次々とレイキティーチャー、レイキヒーラーがが誕生しました。

心身改善臼井霊気療法は臼井甕男先生の頃から現在に至るまで会員制で、会員の紹介が無ければ入会することが出来なかったことを考えますと、誰でも希望すればレイキが学ばれるようになったのは、画期的なことだと思います。

しかし、海外経由のレイキのセミナーはあまりにもビジネス本位に走りすぎて、経験も適正もほとんど考慮することなく、極端に言えば金さえ払えば誰でもレイキティーチャーになれるというシステムを構築してしまいました。

ここから大きくレイキが変貌することになっていきます。

(つづく)

With Reiki Love,

スクマール
PR



2011/06/21 00:48 | Comments(0) | TrackBack(0) | レイキ関連

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<レイキビジネスの功罪(2) | HOME | 奥伝受講資格>>
忍者ブログ[PR]